スケートの種類はどんなものがあるのか?

スケートの種類は、大別すると4種類あります。
まず、地上で行うローラーブレードがあり、氷の上で行うものであれば、フィギュア・アイスホッケー・スピードスケートがあるのです。
さて、フィギュアはご存知の人も多い綺麗なコスチュームを着けて、音楽へ合わせていろいろな技を行います。
世界中で人気の高いスポーツで、アジア人は体型から、このスポーツへ向いてるともいわれているのです。
そのため、トレーニング次第ではいくらでも巧くなるといわれてます。
そして、アイスホッケーですが、木でできたスティクで硬質のゴム製のパッドを操り、ゴールへ入れるスポーツです。
このスポーツは、選手同士がぶつかったりする危険性が高いので、身体中に防具をつけて行います。
それから、スピードスケートですが、オランダで始まりました。
それは、リンクをどれだけ速く回れるかを競う競技で、一般的には1周が400mです。
それに、1周が500m~1000mある競技もあり、わが国の選手も活躍してます。

注目サイト

島原の法律事務所なら【弁護士法人 御堂筋中央法律事務所】
http://mc-law-shimabara.com/

スケート

Copyright © 氷上の戦士たち All Rights Reserved.